当事業所のコロナ対策等の詳細について

posted in: 未分類 | 0
ナーシングデイ こすもすにおけるコロナ感染拡大防止のための留意点について

<職員の対応>

①出勤前に各自、体温測定し、発熱が認められる(37.5度以上)場合には出勤をせず管理者に報告する。
 同居家族に、発熱、呼吸症状がみられて、感染が疑わしい場合にも管理者に報告して相談をする。
②うがい、手洗い、マスクの着用、咳エチケットの徹底を行うとともに、アルコールジェルを携帯し手指の消毒に努める。
③発熱が認められた場合には、解熱後24時間以上経過して、呼吸病状が改善傾向となるまで出勤をしない。
④不要、不急の外出は控える。県外に出かけた場合は管理者に報告する。

<来所者への対応>

①見学等で施設内に立ち入る場合には体温測定をしてもらい、来所者名、体温等を記録に残す。
 発熱ありの場合には立ち入りを断る。
②物品の受け渡し等は玄関の限られた場所で行う。

<利用者への対応>

①利用者本人の体温を、朝家族が計測し発熱が認められる(37.5度以上)場合には事業所に連絡していただき、利用を断る。
③施設到着時には、バイタルチェックや状態観察を行い、体調などに変化がないか確認をする。
④サービス利用中に発熱や呼吸器症状がみられた場合には、一時的に隔離し家族などに連絡し、迎えを依頼する。
⑤利用者を担当している、居宅介護支援事業所または相談支援事業所に情報提供を行う。

<環境面への対応>

①事業所入口、トイレ、施設内洗面台等にアルコール消毒液を設置し消毒を徹底する。
②手が触れる箇所、療育道具、マットレスなどはその都度、環境除菌シートで消毒を行う。
③2時間に1回は必ず換気を行う。
④掃除チック表に添い、掃除の徹底を行う。